【起業の近道】サラリーマンのうちに「生涯続けられる趣味」を育てることが大切な理由

2018.10.22 (月)

あなたには「趣味」と呼べるものはありますか? こんな質問をすると以外にも返答に困る方・考え込む方が多い。特に40代サラリーマンは、休日になると、何するわけでもなく1日を過ごしがちです。平日はがむしゃらに働き、休日はダラダラっと時間を使う。これが悪いとは言いませんが、50代に入り役職定年を迎えると「何をすればいいかわからない」と途方にくれる羽目になってしまいます。

 

 

サラリーマンとして必死に働いた結果、得たものが「将来の不安」だった。これでは虚し過ぎませんか?そうならないための方法の一つが「時間を忘れてしまうほど楽しいこと」、つまり趣味を持つこと。「生涯続けられる趣味」を育てておくことが大切です。

 

 

今日は、起業したいなら、サラリーマンのうちから「趣味」を持つこと。そのメリットをお伝えしたいと思います。

 

 

 

生涯続けられる趣味を持つ「3つ」のメリット

 

◆趣味は自信と価値を生み出す
何と言っても一番大きなメリットは「自信」が生まれることです。サラリーマンとして仕事一筋みたいな生き方をしていると、思いも寄らぬ出来事に直面した途端「何も残っていない」「何をすれば良いのだろうか」と自信をなくしてしまいがちです。

 

 

でも、情熱が湧く、夢中になれる趣味があれば、「この分野なら、自分は出来る」という「自信」を持つことができます。ここにあなたの価値が生まれます。予想もしなかった人事異動、仕事が上手くいかない「もうダメだ」とくじけそうになっても、夢中になれる趣味は心の拠り所になってくれます。

 

 

趣味に没頭していくと再び、モチベーションも高まります。自信を取り戻し、仕事に向かって行くことができるものです。

 

 

◆趣味は人脈を広げる
2番目のメリットは人脈の広がりです。人のつながりを広げ、関係性を強くしてくれます。サラリーマンは会社と自宅の往復の毎日です。得てして職場やお取引先だけの狭い範囲の人間関係になってしまいます。専門性は高まるでしょうが、それ以外は視野が狭いままです。

 

 

しかしながら、同じ想いを持った趣味仲間は、年齢、立場、仕事など、全てにおいて違ってきます。その人たちの感性に触れることで、ものごとの考え方、視野を広げてくれます。起業に必要な「人のつながり」「視点のひろがり」が、自然と出来上がります。人生の道幅が広がるものです。

 

 

人脈は自宅と職場の往復からは生まれてきません。もしかすると、趣味を通じた偶然の出会いがあなたの人生を変えてしまうかもしれません。

 

 

いや、偶然ではないですね。趣味と言う必然から生まれた結果と言えるのではないでしょうか。

 

 

◆趣味は人生の「やりがい」につながる
3番目のメリットは「やりがい」が手に入ることです。「仕事一筋」で来られたサラリーマンは、思いも寄らぬ出来事が起きると「やりがい」を見失ってしまいがちです。特に、50代ともなれば、会社人生が見えてきます。将来の不安に、人生後半戦は「何を、どうすれば? 」となってしまいます。

 

 

しかしながら「趣味」に「やりがい」を見いだした方は人生を楽しみ続けられます。だからこそ、サラリーマンでいるうちに夢中になれる趣味を育てて行きましょう。

 

 

 

まとめ

趣味を育てるとは、「自信と価値」をつくり、「人脈」を広げ、「やりがい」を生み出すことです。そして、そこには、共感する仲間がいます。これらは起業する上で大切な要素となります。

 

 

もし「情熱が湧き」、「夢中になれること」が働き方にできたらいかがでしょうか。きっと、あなたは最高の力を発揮することが出来るはずです。なにをおいても、あなた自身「楽しむ」ことができます。趣味を育てるとは、同時に「起業の近道」と言うことです。

 

 

 

それでは、「楽しむ」を大切に

 

 

 

 

「ワクワクする毎日」に踏み出す起業のマナビ場

 

「自分の価値観に沿った働き方を創る」無料レポート

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 【起業の近道】サラリーマンのうちに「生涯続けられる趣味」を育てることが大切な理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

👑読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラムから検索

⇑ PAGE TOP