あなたは起業プロフィールを軽く考えていませんか?

2019.09.15 (日)

起業準備を始めれば、商品づくり・集客ノウハウ・セールス手法など、いろいろと学ぶことが出てくるものですね。そんな中にあって、あまり気に掛けないのがプロフィールです。

 

 

あなたは、いかがでしょうか。あまり、意識していなかったのではありませんか?

 

 

実はプロフィールづくりは、起業していく上ですごく重要なこと。あなたが、お客様から「選ばれるためには大切なツール」の一つです。起業を考え始めた方、準備を始めたばかりの方は、今のうちに、このプロフィールの重要性について知っておいて欲しいと思います。

 

 

 

 

 【目次】

 

 

 

 

プロフィールづくりに大切な要素

 

一般的にプロフィールは「資格・実績」など、まず、それが強みであることを知ってもらいたい。プラスの材料を書くことで「自分はどのような仕事をする人」だと伝えることだと思っている人が多いかと思います。

 

 

もし、あなたが、困りごとを抱え解決につながればとインターネットを検索。いくつか気になるサイトを見つけた。投稿記事を読み進めるうちに興味あるなぁ、役立ちそうだなぁ、と感じた。次はどこを見ようとしますか?

 

 

多分、記事を書いている人は「どんな人だろうか」ではないかと思います。

 

 

すると、見るのは100%プロフィールですね。でも、そこに「私はこんなことが出来ます」と、ダラダラ書いてある。読み手のあなたにとって、なんとなく自慢ばかりのように思えるとしたら、そのあとが続きませんね。良く言う3秒ルールで、そこから離脱となります。そうならないためには、あなた自身に関心を持っていただくことが必要です。

 

 

資格や実績ばかりでは、まるで、無機質な履歴書みたいに感じてしまいます。就活では良いかもしれませんが、起業となるといけません。

 

 

起業プロフィールはプラス要素だけでは片手落ちです。マイナス要素を加えて「どうして起業に至ったのか」「なぜ、その仕事をしているのか」、その理由を書いていくことが大切になります。

 

 

 

プロフィールはあなたの起業物語

 

起業プロフィールには、マイナス経験の自己開示が大切です。でも、どうして?とお思いかもしれませんね。

 

 

その訳は「物語」を創り出すからです。では、「なぜ、この物語が大切なのか」知りたくありませんか?

 

 

お答えを言いますと「共感」が生まれるからです。

 

 

例えば、あなたが映画を見ている場面を想像してください。少し前なら”ボヘミンラプソディー”あたり。余談ですが、私は2回も見ちゃいましたけどね。そこには主人公フレディの人生の山と谷が映し出されています。失敗と成功です。この失敗があるから成功が引き立ちます。絶頂から真っ逆さまに落ちて、また這い上がっていく。そこに共感が生まれ、感動します。

 

 

起業に必要なプロフィールも同じです。ご自分が、こんなマイナス状態から、このようになることが出来た。だから、この仕事をしているとお伝えすることで「アッ、私のこと」、でも「乗り越えてきたんだ」と共感してもらえるのです。きっと、そこには、あなた自身の想いが重なっています。

 

 

また、私の受講生に、こんなことが起きました。講座も終盤に入り受講生がトライアルイベントをインターネットで募集。その後、プロフィール作成のフレームをお伝えしました。その通りに作成し、プロフィールを置き換えたら、すぐに申し込みが入った、と連絡を頂きました。あまりの早い効果にビックリしましたが、これがプロフィールの力です。

 

 

コツは「今の仕事をするに至ったターニングポイント」を書くことです。多分、あなたが思う「倍の力を集中」させて書く必要があります。それぐらいの気持ちで書かないと、想いが伝わるプロフィールにはなりません。是非、このことを頭の中に留め置いてください。

 

 

【初めて起業を考えた時に読んでおきたい】
「ジブン価値起業5つのステップ」無料レポートプレゼント(70ページ)はこちらからどうぞ

 

 

 

 

起業プロフィールは○○と紐づいている

 

起業する上でプロフィールは「人生のプラスとマイナス両面が大切」、「物語を意識する」、「共感されるから選ばれる」と言うことをお伝えしました。「どうして、その仕事をしているのか」、あなたの強い思いが必要だとお伝えしました。

 

 

もう一つ大切な要素があります。それは、「プロフィールとコンセプトは紐づいている」と言うことです。「その仕事は何か」のわかりやすい表現。言葉を変えると「あなたの提供価値は何か」、「誰のお役に立てるのか」を言葉にしなければなりません。つまり、コンセプトとプロフィールは一体になっていると言うことですね。コンセプトをつくれば、自分のプロフィールも言葉にできると言うことになります。

 

 

起業すれば交流会や近しいお仕事をされている集まりに出向くことがあります。当然ながら、初めてお会いする人にはご挨拶、名刺交換をしますね。そこで気が付くことは、意外にも、プロフィールをちゃんと整備している人は少ないことです。

 

◆ ○○が出来ます
◆ ○○の資格があります

 

出来ます・あります調の人が多い。みんな同じコンサルタントやセラピストに見えてきます。後日、思い返すと「あれ、どんな人だったのかなぁ」と特徴や顔が思い出せません。

 

 

例えば、名刺交換の時に「自信は肌に現れる」整膚セラビストの○○です、と最初にお伝えし、ご自分の想いを自己紹介するとどうなるでしょうか。多分、その人の印象が頭に残り、あなたは何者なのか、を思い出してもらえるかと思います。これがコンセプトとプロフィールが一体になっているということです。

 

 

 

まとめ

初めて起業を志した時には、プロフィールは大切なツールであることを忘れないでください。重要なことは「共感」です。そのためには、「ターニングポイント」で「物語」を創り出すことになります。その仕事をするに至った強い想いを書いていくことが必要です。

 

 

そして、プロフィールはコンセプトと紐づいています。だからこそ、自分は何をする人「だれに、どのような価値を提供できるのか」を言葉にすることができるのです。

 

 

起業すれば時間経過と共に、少しずつ実績も積み重なってきます。そして、プロフィールは厚みを増していきます。「共感」が「安心」へ。そして「信頼」へと変化していきます。起業に必要なプロフィールとは、「お互いの価値観のキャッチボール」だと、私は思っています。

 

 

プロフィールは軽く考えない。あなたのエネルギーをプロフィールに詰め込むくらいの気持ちを大切にしていきましょうね。

 

 

 

 

それでは、「楽しむ」を大切に

 

 

無料メールマガジン「自分スタイルの幸せをつかむ」起業準備のコツとツボ

 

このメールマガジンでは、「将来は起業したい」「自分のスキルを活かしてビジネスをしたい」「子育ても一段落、小さくとも仕事を始めたい」「自分らしく好きなことを仕事にしたい」「生涯現役で働いていたい」と思いながらも、

・何から始めて良いのかわからない?
・生活して行けるの?
・強みもアイデアもない?

とモヤモヤした方へ、一歩踏み出すための「自分スタイルの幸せをつかむ起業のコツとツボ」をお伝えしています。

 

具体的には

・起業前に知っておきたい5つの心得
・起業に失敗しない正しい手順とは
・前に進めない症候群を無くす行動習慣とは
・あなたの強みを引き出し仕事に変える方法
・セールス経験がなくても自然と売れる法則
・起業準備が劇的に加速する2つの質問
・起業準備を遅らせる本当の理由
・自分スタイルで起業する7ステップ

などなど。

 

「何を、どうしたらいいか分からない」、「自分らしくイキイキと仕事がしたい」という人は、まずは気軽に読んでみてくださいね。

 

登録はこちらから  ↓↓

お名前 *
メールアドレス *

※下記のボックスに「カツオ」とお入れ下さい。(安全にご利用いただくためのスパム対策です)

左記チェックボックスに☑を入れて申し込みボタンを押してください。

 

 

 

 <<どのように進んで良いのかわからない>>

あなたが一歩踏み出すための個別起業相談 完全無料

 

<<自分の価値観に沿った働き方をしたい>>
【自分スタイルで生きて行く働き方デザインの法則】起業入門セミナー

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: あなたは起業プロフィールを軽く考えていませんか?

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

👑読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP