“やりたいことを仕事にする”起業に重要な視点

2020.07.09 (木)

“やりたいこと”で食べて行きたい!! “やりたいこと”を見つけて仕事にしたい!! と考えたことはありませんか?

 

 

きっと、”そのような人は少なくない”、と思います。

 

 

たった一度の人生ですから、「自分らしく生きて行きたい」と、思うのは当たり前のことですよね。とは言え、それが、仕事になるの? それを、仕事に出来るの? これが、現実ではないでしょうか。

 

 

すると、考え始めることは「独立起業の方法なるもの」となります。しかしながら、それを活かすためには大切なことがあります。準備中はもちろんのこと、起業後には、さらに重要になることです。

 

 

今日は、「方法論」以外に、とっても大切な起業の視点についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

【目次】

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことで起業する大切な視点

 

起業する上で「方法論」は大切です。でもね、それだけでは上手く行かないように思います。準備中にも、起業後にも、重要になるものは「自分に変化を起こす視点」です。つまり、「考え方」となります。

 

 

なんじゃ、そりゃ!? と思ったかもしれませんね。

 

 

もう少し言うと、「物事に対する自分自身の考え方」となります。と言うのも、起業を軌道に乗せて行く人は、この視点を大切にしています。

 

 

・同じことを学んでも、
・多くの方法論を詰め込んでも、
・学んだ知識に差がなくても、

 

 

この視点があるとないとでは、

 

 

・上手く行く人
・上手く行かない人

 

 

にわかれてしまうものです。

 

 

自分の考え方が大きな差をつくってしまいます。何か物事を始めようとした時、「自分は、どのような考え方をしているのか」を意識してみることが重要なポイントです。

 

 

 

なぜ、起業に「考え方」が大切なのか?

 

結論を言いますと「考え方が行動を決める」からです。上手く行くのも・そうでないのも、「自分の考え方」で決まってしまいます。だから、重要なんですね。この物事に対する自分自身の考え方のことを「マインドセット」と言います。

 

 

マインドセットとは
・自分が物事に対して持っている評価/考え方
・自分が自覚している意識(顕在意識)の中にあるもの

 

 

 

例えば、起業相談をお受けしていると、「パソコンが超苦手なんですけど、大丈夫でしょうか」と言われる人が意外に多いものです。

 

 

ところがですよ、苦手だから「起業をあきらめますか?」と質問すれば、決まって「あきらめたくありません」とお応えになられます。

 

 

であるなら、そんなことを考えるだけ無駄ですよね。時間だけが過ぎてしまいます。行動に移さない自分になるだけです。

 

 

 

◆考え方は連鎖する◆

ネガティブな考え方は連鎖するものです。そして、モヤモヤを生み出すループとなってしまいます。

 

 

起業=パソコンが必須➡パソコン苦手=起業は難しい➡ネガティブ=動けない➡動けない=モヤモヤ状態➡モヤモヤ状態=妄想する➡起業してみたい=パソコン苦手

 

 

つまりね、行動できないマイナスループということです。

 

 

「パソコン苦手」という考え方が行動を決めてしまったということです。いつまでたっても行動に移せない、行動できないラビリンスに迷い込んでしまいます。

 

 

しかしですね、これは”パソコン苦手”に限ったことではありません。全てに当てはまります。

 

 

・自慢できるような強みがない
・資格もなければ得意なこともない

 

 

ネガティブな考え方をしていると行動に移せない自分になってしまいます。

 

 

 

◆考え方は結果も支配する◆

さらに重要なことは、行動しなければ結果は出ません。つまり、「考え方は結果も支配する」ということですね。

 

 

前述の「強み」がない、を一つとっても、自分で勝手に思い込んではいませんか?

 

 

人は、それぞれ経験が違いますし、持っている価値観も異なります。人の感じ方は千差万別です。強みって相手に伝わることで気付くもの、相手の価値観で決まります。伝えなければ結果はでないということです。だからね、経験の中には必ず強みがあるということになります。

 

 

妄想しているだけでは結果は現れません。行動に移すから構想に変わるのです。

 

 

 

妄想を構想に変えるマインドセット

 

起業の方法論を活かすには、「負から正のマインドセット」に置き換えることが必要です。これが妄想を構想に変えてくれます。自信がないからと言って、知識とかノウハウばかりを学んでいても切りがありません。起業ジプシーになってしまいます。

 

 

学んだら、伝える。行動できるマインドセットに変わることが必要です。方法論を活かすも殺すも自分の考え方次第と言うことですね。

 

 

 

◆初めての起業で起こりがちなこと◆

起業初年度には「ご自分の商品に自信がない」という気持ちになりがちです。準備中に学んだ方法で商品を組み立てたけれども、

 

 

・まだまだ商品の完成度が低い
・お金を頂くほどの自信がない
・商品をより良いものにしたい

 

 

すると、中々、商品を公開しないものです。さらに、自信がないからセールスも不安となります。

 

 

商品の質が低い➡これでは売れない➡商品の質を高めよう➡知識を得なくては➡商品の質を考える➡大丈夫だろうか➡まだ足りない➡高めなくては

 

 

 

自分で商品の質を評価していても答えは出てきません。極論ですが、お客様は商品の質なんて求めていません(汗) 。「自分がどうなれるのか」、この一点。”得られる価値”です。お客様が価値があると感じれば、それが質となります。商品の質を高めたいのであれば、お客様の声を聞くことが一番です。

 

 

 

◆マインドセットを置き換える◆

行動に変化もたらすには、「商品の価値はお客様が決める」という考え方を持つことです。すると、「商品を公開しなければいけない」と考え方は変化します。公開すれば結果が現れます。

 

 

売れたのであれば、さらに改善しよう。もっと売れるかもしれない。売れなかったのであれば、お客様の声を反映してみよう。次は売れるかもしれない。と考え方も変化します。

 

 

売れたことは自信につながり次の行動を起こします。売れなくても改善ポイントを考えることで次の行動につながります。「商品の質は自分が決めるものではなく、お客様が決めるものだ」とマインドセットを置き換えただけで方法論は活きてきます。

 

 

結果はポジティブに変化したということです。

 

 

 

関連コラム
こちらのコラムも参考になるかもしれません。「初めての起業」知識やノウハウよりも大切なもの

 

 

 

まとめ

やりたいことを仕事にしていくには「方法論」は大切です。しかしながら、それだけでは上手く行きません。起業に重要なことは「物事に対する自分の考え方」です。

 

 

それは「自分の考え方」が行動を決めてしまうからです。行動に移せば、そこには必ず結果が現れます。つまり、「自分の考え方が結果を支配する」ことになるわけです。

 

 

▼ 自分の考え方が行動を決める
▼ 行動するから結果がでる
▼ 自分の考え方は結果も支配する

 

 

学んだスキルを活かすも殺すも、自分の考え方次第ということです。

 

 

起業準備中も、起業後も、ネガティブな気持ちになることは出てくるものです。でもね、そんな時こそ、「自分に変化を起こす視点」を思い出してみましょう。

 

 

マインドセットを置き換えれば大丈夫です。まっすぐゴールに向かって進んで行けます。仕事を楽しむ自分に変わることができるものです。

 

 

やりたいことを仕事にするってことは、夢中になれる働き方を生涯楽しむことですからね。

 

 

 

 

それでは、「楽しむ」を大切に

 

 

 

 

 

8月に 『働き方デザインの法則』あなたを売り出すコンセプトを創る7ステップ‼ | 7日間無料メール講座をリリース予定です。お楽しみにね。

 

 

 

 

 

自分らしく自分スタイルの働き方を創るためのメールマガジン

「将来は起業したい」「自分のスキルを活かしてビジネスをしたい」「子育ても一段落、小さくとも仕事を始めたい」「自分らしく好きなことを仕事にしたい」「定年後はストレスのない仕事を続けたい」とお考えのあなたへ

 

お名前 *
メールアドレス *

※下記のボックスに「カツオ」とお入れ下さい。(安全にご利用いただくための海外スパム対策です)

 

 

 

 

 

起業お悩み個別相談
【無料で90分】
まずは相談する

 

 

 

初めての起業
【成功の秘訣】
ZOOMセミナーに
参加する

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: “やりたいことを仕事にする”起業に重要な視点

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
         

👑読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラムから検索

⇑ PAGE TOP