【40代の起業相談】将来の不安を夢中な毎日に!!

40代の起業相談は少なくありません。と言うよりも増えているかと思います。何故だかお分かりになりますか? お話を伺うと「会社人生の終着駅が見えてきた」ということに集約されます。将来の自分が見えてきた。その結果、このままで良いのだろうか。でも、進むべき方向がわからない? となります。この「漠然とした将来の不安」が原因です。

 

 

40代後半ともなれば仕事も熟知し、人間関係もそれなりに出来ています。組織の中では、リーダー的な存在です。会社のために遮二無二頑張ってきた。成果も認められ肩書も変化しました。でも、役職定年と言う賞味期限を目の前にして「思わぬ変化」が起きるのもこの年代です。会社から見れば一定量を残せば入れ替え制が始まります。突然、はしごを外され、蚊帳の外へと追いやられる。そんな扱い方が起きてきます。さらにはご自身や家族の健康など心配事が起きるのも40代です。

 

 

そんな背景をもとに、漠然と転職や起業を考え始めた。しかしながら、会社一筋25年、仕事のことはわかるけど自分事となると「何を、どのようにしたらいいのだろう」とモヤモヤしてくるのではないでしょうか。そんな時は「働く意味」はなんですか?とご自身に問いかけて下さい。その理由を掘り下げ、答えが出て来た時「自分が主役の人生に踏み出す」時計が動き出します。40代からは「夢中になれる働き方を生涯楽しむ」ことです。その一つが起業と言う選択肢となります。

 

 

【目次】

 

 

 

 

40代で迎えるの将来不安

 

40代と言えばバリバリと仕事こなし、重要なポジションを任される年代です。経済的にも安定しています。とは言え、求められるのは成果ばかり、加えて上司・部下との人間関係など、大きなストレスを感じ始めます。セカンドキャリア研修が始まるのも、ちょうどこの頃です。どうしても、将来の働き方を考える機会が増えてきます。無意識のうちに漠然とした不安が刷り込まれるものです。

 

加えて、思いも寄らぬ出来事など、様々な問題に直面するのも40代です。会社人生をまっとうしようと思う反面、働く意味を考え始めてしまいます。 何かが違う、何をしたらいいのだろうか? こんな状態ですね。

 

◆降格左遷に将来が見えてしまった
◆上司部下逆転の人間関係、耐えられそうにない
◆出世レースに一喜一憂して得たものは肩書だけ
◆早期退職制度で第二の人生にチャレンジしたい
◆転職したけどストレスばかり、本当に良かったのか
◆業務縮小、リストラ、大丈夫だろうか
◆大病を経験し復帰後は役職もなく居場所が見当たらない
◆生涯現役でいたい、でも、何も強みがない
◆年金もまだ先の話、今一つハッキリしない、どうなるのだろうか

 

など様々な不安が押し寄せてきます。理不尽な要求に我慢を続け、自分らしさを押し込んで、やり過ごす人生。これで良いのでしょうか?

 

 

不安を感じる裏側には「自分らしくイキイキと働きたい」「家族との時間大切に過ごしたい」「自分の価値観に沿った働き方がしたい」「大病を経験し会社の冷たさも知った」「ストレスばかり会社人生、他人評価に左右さることなく仕事がしたい」「やりがいを持って生涯現役でいたい」「もう一度、花咲く人生を進みたい」など、多くの想いがあります。

 

 

一見、ただの自分本位のように思えます。でも、それが人として、本来の在り方です。40代は人生を折り返したに過ぎません。これからが本番です。「他人評価に踊った人生を自分で舵取る人生に変えること」が働く意味ではないでしょうか。

 

 

第三者の経験を重ねて気付く働き方事例

 

 

起業相談に来られた40代の方のお話を聞いてみると、理由は次の3つに要約できます。

 

①本当に今の働き方が良いのか?わからなくなってきた
②独立起業を考えては見たものの生活が心配
③転職も年齢を考えれば不安?選択肢が見つからない

 

 

40も半ばを過ぎ、家族との生活を犠牲にしながらも、今のポジションをつかんだ。振り返ってみれば、仕事以外に、いったい何が残っているのだろうか?と不安が広がります。そうすると過去の自分と比較することが始まります。例えば、33才でトップセールスにまで昇りつめたとか、30代で技術力が評価されて表彰されること5回とか、でも、今は何もない、みたいな感じです。あの頃は「やりがい」があったのになぁ、と頭の中でつぶやきが始まります。

 

 

会社人生の階段は、成長期には”前だけを見つめて”駆け上がります。そしてゴールが見え始める成熟期に入ると”後ろを振り返る”ことが多くなってきます。過去の自分とは「他人評価」です。会社の枠の中で「やりがい」を探していました。40代とは自分の人生に「やりがい」を見つけることが大切です。

 

 

【やりがいを見つけて働き方に変えた事例①】
私自身、今でこそ会社員を卒業し、やりたいことを仕事にし、時間も自分がコントロールする生活を楽しむことが出来ています。でも、数年前は「どんな方向に進んで良いのかわからない」「自分に何が出来るだろうか」とモヤモヤの毎日を過ごしていました。でも「やりがい」を探し続けて、今があります。「将来の不安」を「夢中な毎日」に変えた経験こそが起業への道筋でした。そんな実体験があるからこそ、わかることがあります。

 

 

それは、ひとりで考えていても答えは出ないと言うことです。第三者の言葉の大切さです。私自身、降格左遷で働く意味を見直し始めました。どうして自分が!? まさしく、他人評価に踊った人生でした。自分らしく、好きなことで仕事をしたいと勉強会やセミナーに参加しても腑に落ちません。気付かせてくれたのは、沖縄の仲間、第三者の存在です。「腕は三ッ星、でもカウンター8席の小さなお店の料理人」「琉球舞踊に魅せられた女性」「趣味が高じて焼酎Barを出した泡盛マイスター」全員、前職はサラリーマンやOLです。

 

 

収入よりも、自分の仕事を「熱く」「情熱」を持って語っている。「働き方とは生き方を創ること」だと気付きました。『遠回りすることなく自分が主役の人生に踏み出して欲しい』これが私の起業の原点です。大切なことは「夢中になれる働き方」です。

 

 

【やりがいを見つけて働き方に変えた事例②】
大病を経験したことで「好き」を働き方を変えた会社員がいます。大手機械部品メーカーで部長職、ストレス満載の毎日だったそうです。インドネシアに7年駐在、そこでアンクルンという竹楽器と出会ったことで人生を大きく変えました。アンクルンとは1つで1音しか出せません。初めて聞いた100個の大合奏が心に響いたと言っています。100人の第三者がくれた感動です。病院のベッドで「働く意味」を考えたときアンクルンの音色が忘れられず、その素晴らしさを伝えたいと、思ったそうです。

 

 

大病で働く意味を見直し、インドネシア駐在経験を強みに、アンクルンの奏でる癒しの音色、合奏という参加型の場、そこに音楽療法を掛けあわせて「南国アンクルンの竹楽器で和みを演出する専門家」となりました。人生後半の「ありたい未来」を描き、働き方を決めました。日本でアンクルンを知る人は、ほとんどいません。でも、そこに向かってチャレンジする生き方を選びました。知ってもらうための合奏活動、なごみの音色で心を癒し、合奏する体験で楽しい空間を演出する体験会など、精力的に活動しています。

 

 

自分の経験を棚卸すると見えてくる可能性

 

漠然とでも起業を志した時「強みもなければ、これと言って優れているところもない」「自分は何ができるのだろうか」と悩む方が多いかと思います。でも、逆の言い方をすると「強み」がわかれば起業できるということです。そもそも、人は他人のことは分かっても、自分のことになるとてんでわからないものです。自分では、なんとも思っていなくても他人からはスゴイと見えることは多々あります。

 

 

自分の強みは、自分だけではわからない。その手段がご自身の経験を棚卸することです。なぜ最初にすべきことなのか? それは「働き方」の土台を創るためです。

 

 

例えば、子供の頃はサッカーに夢中だった、大学時代はギターにのめり込んだ、勉強はほったらかしで東南アジアを旅した、会社員時代は営業成績優秀で表彰された、上司との人間関係に悩んだ、ということです。全てのプラス、マイナスの経験になります。そこには、必ず得たものがあるはずです。それが、全て強みの素材となります。その素材を書き出し、選び、組み合わせることで可能性が生まれます。ご自身の価値と言うことです。これを「自分軸」と呼びます。

 

 

自分の提供価値を具体的に表現し、自分軸が出来ることによって、起業の方向性が定まり、ブレることのない土台が出来上がります。起業を志した時は、ご自身の経験を棚卸してみましょう。あなたの働き方の原点がわかります。それが働く意味の答えです。

 

 

 

起業という働き方の選択肢

 

 

「起業するのに必要な事はなんでしょうか」と聞くと決まって出てくることがあります。①資格や能力  ②会社や事務所  ③資金調達や助成金  ④事業計画 の4つです。確かにどれも大切です。でも、すぐに必要ではありません。あればあったで越しことはないという程度です。起業とは読んで字のごとく「業(ワザ)を起こす(オコス)」と読みます。あなたが創りだした仕事で食べていくことです。

 

●自分が創り出した仕事に資格はいるでしょうか
●能力とは、後になって他人が評価するもの
●会社である理由は? 個人事業主は立派な起業
●自宅やシェアスペースも立派な事務所

 

 

「自己資金」一つとっても勘違いが多いものです。事務所の家賃、助成金だとか、そういう類のモノではありません。起業を軌道に乗せるまでの最低限の生活費と言うことです。起業したいと思った時は、サラリーマンでいるうちに準備し、リスクを減らすことが大切なことです。40代の起業は、遅いのでは?と思いがちですが、そうではありません。この年代こそが、起業に向いているのです。

 

 

統計では、起業家、起業準備者・希望者の平均年齢は49歳。40代男性の起業比率は31.8%にもなります。経済的にも安定してきます。子供さんも手離れの時期です。そして、何より多くの経験を持っています。その経験を活かし、自分の価値観に沿った働き方を創ることが大切です。起業ネタ「儲かりそうだから参入してみる」「流行っているから乗り遅れないうちに」「現業の延長で独立する」そんなことではありません。

 

 

起業ネタ探しから入ると悩みが堂々巡りしてしまいます。調子が良い時はイケイケで周りが見えません。ところが一旦、マイナスに転じると我慢できません。これで良かったのか? 今やっていることは正しいことなのか? 悩みが増幅してきます。家族との調和も乱れてきます。モヤモヤ状態に逆戻りです。そうならないためにも「自分軸」を固めることが必要になります。それが夢中になれる働き方への最初の一歩です。

 

 

 

「他人評価に踊った人生」を「自分で舵取る人生」に変える選択肢

 

 

時代は、40代にとって「生きにくい世の中」に向かっていることを知っているでしょうか。AI(人工知能)時代の加速化でスイッチされる文化は益々、広がっています。でも今が最善と現状をやり過ごして行きます。起業なんて危ない橋を渡る必要はない、なんて言葉が入ってきます。でも、本当にそうでしょうか。今まで我慢してきた人生です。さらに我慢を重ねて行きますか。

 

 

終身雇用の崩壊、リストラ、年金不安、むしろ会社にしがみつく人生の方が不安でありリスクではないでしょうか。40代からの起業は、蓄えてきた資産を犠牲にするほどのハイリターンに挑戦する必要はありません。

 

◆家族や仲間を大切に、月に一度、贅沢ができる生活
◆他人評価に左右されることなく時間を決める生活
◆ストレスよりも気持ち豊かな生活

 

ローリスクでミドルリターンを目指すことです。自分の価値観にこだわり、自分らしく生きることです。夢中になれる働き方に踏み出すことです。あなたの「やりがい」はどこにありますか?

 

 

定年後にやりたいことが見つからない、どうしようでは人生後半戦は寂しい時間です。そうならいためには、今から準備して行くことが大事なことです。40代で始める起業には、大きなリスクを取る必要はありません。いちばん着実だと思えることを積み重ねていくことです。あなたの事業・商売の「自分軸」が何かを常に考え、そこを絶対離れない、迷わない、やり続けるという気持ちが必要です。

 

 

また、迷った時に立ち戻れる、拠り所となるものも自分軸です。背中を押して、モチベーションを高めてくれます。奇をてらわず、人目を引くことではなく、自分のスタイルで働くことです。提供するあなたの価値で笑顔をつくり、人のつながり、生活を楽しむことです。その結果として対価をもらう働き方を目指しましょう。

 

 

40代の起業とは「生き方」を創ることがゴールです。起業は実現するための働き方の選択肢となります。その先にあるものは、生涯現役でいられる、あなたの笑顔です。「夢中になれる働き方を生涯楽しむ」を大切にして行きましょう。

 

 

 <<どのように進んで良いのかわからない>>

起業準備の不安ゴト【無料個別相談】

 

<<自分の価値観に沿った働き方をしたい>>
【自分スタイルの幸せをつかむ】起業準備セミナー

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「自分スタイルの幸せをつかむ」
~起業準備 のコツとツボ~

無料メールマガジンは、こちらから登録を↓↓

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP