【自分の強みを見つける3つの鉄則】起業準備を進める最初の一歩

 

「自分の強み」って何だろう? 「何か漠然としていて」、考えるほどに「当たり前すぎて」何をして良いのかわからないと起業相談に来られる方は少なくありません。年齢も様々、サラリーマンや主婦の方など、立場も違います。でも、皆さん、口を揃えて「自分らしく仕事をしたい」とお話しをされます。

 

「自分に何ができるのかボンヤリしたままの不安な状況」を「自分らしく」と抽象的な言葉に置き換えてしまいます。この「自分らしさ」具体的にすることが起業するための最初の一歩です。そのためには、きちんと「自分の強み」を知ることが必要となります。とは言うものの、上手く見つけることが出来ないままのモヤモヤ状態。どうして、こうなってしまうのでしょうか?

 

原因は「3つのこと」をごちゃまぜにして考えているからです。自分の強みを考える時は「見つける」「選ぶ」「言葉にする」、この3つのステップを踏むことが必要です。「なにか漠然としていて」と言うのは強みになる素材集めが少なすぎること。「当たり前すぎて」と言うのは言葉にできないからです。

 

どれが欠けても上手く行きません。素材が少なければ吟味できません。もし、これなら! と思える強みが見つかっても言葉にできなければ、その他大勢の人と同じですね。この3つのステップを踏むことで「あなたの魅力」は全開になり、起業準備は前に進むものです。

 

ありたい未来に向かって、起業準備を前に進めるために「強み」を練り上げ、組み立てるコツについてお話ししたいと思います。

 

 

 

 【目次】

 

 

 

強みとなる素材の見つけ方

 

自分の強みを見つけるには「経験を棚卸すること」「第三者に聞くこと」が大切です。つまり「自己分析」「他己分析」、この2つの側面から自分を知ることが必要になります。人は相手のことはわかっても、自分のことになると「てんでわからない」と言う傾向があります。自分事になると客観的に分析することが難しいということですね。

 

【自己分析】
自分の強みを知るためには素材を見つけることが必要になります。最初は「自己分析」を進めるための「4つの視点」についてお話し致します。

 

① 好きで夢中になれること
② 得意なこと(出来ること)
③ 数字で表せる成果
④ 克服できたこと

 

この4つの視点に沿って、あなたの強み素材になるものを客観的に集めてみましょう。

 

①好きで夢中になれること
好きと言うと、なにか趣味のように感じますが、これだけではありません。仕事やボランティアなど、なんでも結構です。幼少期から今までの経験を棚卸し、洗い出し整理してみましょう。好きなことは夢中になれると言うことです。やっていて情熱を感じ、アッと言う間に時間が経ってしまったと感じることです。

 

起業すれば上手くことばかりではありません。そんな時に背中を押してくれる。自然と続けられると言うことになります。モチベーションが維持できて、もっと、上手くいくのではないかと前向きに考えていくことができます。これは起業していく上で「行動の源泉」になるものです。

 

◆時間を忘れて没頭してしまうこと
◆話し出したら1時間でも話し続けられること
◆時間やお金の制限を外したらやってみたいこと

 

などを考えて見ましょう。中途半端にやらずに日にちをおいて、何度も、何度も、出来るだけたくさん書き出してみてください。

 

 

②得意なこと(出来ること)
あなたが経験してきた中で人より少しだけ出来ること、得意と思えることをまとめてみましょう。ポイントは時系列で書き出すことです。小学生時代に習ったそろばん、学生時代の留学経験、社会人になり経理一筋20年だとか、海外勤務で営業経験が長いとか、です。その経験から得たものを掘り下げて見ましょう。そこで得た資格なんかも、その一つです。

 

いろいろと出てくるかもしれません。会計業務、プレゼンテーション、人事管理、パソコン指導、プログラミング、整体、スポーツインストラクター、大型特殊車両の運転、ビジネス英語のように書き出します。他にも、第三者から褒められたり、相談されたことなども思い浮かべて下さい。

 

◆人より少しだけ優れているかもしれないと感じていること
◆同僚や友人を見て、どうしてこんなことが出来ないのかなと思えたこと
◆これまでの人生で、特に時間とお金を使ったもの(自分に対して)

 

などを考えて見ましょう。あなたが幼少期から現在まで経験を通して身に着けてきたこととなります。

 

 

③数字で表せる成果
会社員、学生時代など幼少期から現在まで、仕事や趣味を通じて、実績や成果が上がったことを書き出してみましょう。ポイントは次の3つのことになります。

 

◆他人と比較しない
◆自分にとって最大と思える
◆数値を入れる

 

例えば、こんな感じです。『地方にいながら、営業として13年間連続して目標達成、トップセールスになった』『学生時代所属したテニス部で3回インターハイに出場』『中学~現在までの25年間ギターを演奏。会社員の今もバンド活動をしている』『職場で10年間、新人のためのセールス研修講師をやっている。教えた新人は500人にのぼる』

 

数字を入れることで具体的になります。10年間の研修講師でたくさんの人にと伝えるよりも500人とすることで鮮明になりますね。このように3つのポイントを押えながら数字をいれることで強みの素材は断然引き立って来るものです。

 

 

④克服できたこと
克服できたことは、最大の強みに変わる可能性があります。悩んだこと、辛かったこと、人生の転機となる出来事などを思い浮かべてください。上手く付き合っていく術を知っているなど、克服して今のあなたがある、と言うことを考えて見ましょう。その理由は次の3つとなります。

 

◆相手の気持ちが理解できる
◆どうすれば、良いのかがわかる
◆相手の共感を得られる」

 

あなたが克服できた実体験は、同じ悩みを抱える人から見れば、スグにでも知りたいことです。

 

例えば、人前が苦手で口ごもる、赤面してしまう人が講師になったとします。同じことに悩む人から見れば、自分も「あの人のようになりたい」、「どうして、そのようになれたの」と思います。その方が「人前が苦手」を克服してきた実体験に共感を覚え、信頼関係を築くことができます。

 

実はコーチ、コンサルタント、トレーナーと呼ばれる士業を仕事としている方には、この克服できたことが大きな強みになっていることが多いと言われています。誰しも経験の中には、プラスの感情とマイナスの感情があります。相手から見た時、プラスの感情は「増やしたい」、マイナスの感情は「無くしたい」と思います。特に「無くしたい」は直接心に強く響きます。大きな強みの素材となるものです。

 

以上、自己分析『4つの視点』に沿って、あなたの強みとなる素材を書き出してみましょう。

 

 

【強みを見つけるための掛け算メソッド】ご参考にして見て下さい。

 

 

 

【他己分析】
他己分析って、どういうものでしょうか。最初に、ここを知っていただきたいと思います。他己分析とは「客観的に自分の強みを見つける方法」「自分の強みの幅を広げる方法」ということになります。一言でいうと「自分の知らない強み素材を引き出してもらうこと」です。

 

あなたは会社の同僚や友人に、こんなことを言われたことはありませんか? 「どうして、そんなこと知ってるの」「どうしてそんなことが出来るの」なんて言われた経験です。自分では当たり前に出来ると思っていても、相手から見たらすごいと見えています。これは、まさしく「あなたの強み」となります。

 

では、どんなことを聞けば良いのか? ですが、次の質問をしてみると良いかと思います。限定せずに、オープンな質問をして下さい。相手の考えが広がるような質問ですね。例えば次のような質問となります。

 

☑ 私の個性とか特徴ってなんでしょうか
☑ 私は何をしている時に楽しそうに見えますか
☑ 私の取り柄って何だと思いますか
☑ 私の強みやこだわりって何だと思いますか
☑ 私が人より少しだけ優れていると感じることはなんですか

 

会社の同僚・上司、友人、家族、サークル仲間、あなたのことを知る人の様々な視点を大切にして下さい。必ず、あなたの気づいていない「強みの素材」となるものが見つかります。他己分析をすることのメリットをまとめると次のようなことになります。

 

◆客観的なデータが手に入る
・自己分析だけでは主観的な強み
・客観的な視点が強みの素材を広げる

 

◆自己分析が正しいのか?判断基準になる
・自己分析だけだと大丈夫?不安になる
・自己分析の評価と検証ができる

 

◆自分の知らない強みが見つかる
・自分の普通は相手にとって強みになる
・強みの幅が広がることで自信がうまれる

 

「ジョハリの窓」という言葉があります。自分は知っているが他人は知らない自分、他人は知っているけど自分は知らない自分、自分も他人も知っている自分、自分も他人も知らいない自分、この4つの窓があると言う考え方です。目指すところは自分も他人も知っている自分です。ご参考にしてみて下さいね。

 

 

強み素材の見つけ方とは、自己分析で自分を知り、他己分析で知らない自分に気付く、この2つを組み合わせが大切なことです。

 

 

 

強みとなる素材の選び方

 

冒頭でお話ししたように、自分の強みを考える時は「見つける」「選ぶ」「言葉にする」、この3つのステップを踏むことが必要です。あなたの強みとなる素材が見つかっても、選び出せなければ意味がありません。ここが出来ないと「自分らしさ」は具体化できません。

 

では、どのように考えるのか? このときに有効な方法は「3C分析」を利用することです。マーケティングの基本と言われている考え方となります。これを自分に置き換えて、強みの素材を「吟味」してみましょう。

 

 

 

 

「自分」の中にある強みの素材は「誰のために」活かせるのか、どの素材が「選ばれる」のか、と言う目線で強みの素材を選び出すことです。コツは2つずつ見ていくことが大切です。

 

 ①自分⇔お客様
 ②自分⇔競合
 ③お客様⇔競合

 

強み素材を選び出すには、この3つの視点で考えてみましょう。「①誰にとって魅力のある素材なのか」「②どの素材が競合と比較して差別化できるのか」「③困りごとを抱えたお客様いるのか」と吟味していくことです。

 

◆どんな時に、どんな行動をしたのか
◆そこで得たこと・学んだことをどのように活かせるのか

 

あなたの経験は宝物です。集めた素材を組み合わせ、足したり引いたりしながら、独自性を創り出すことが重要です。だれのお役に立てるのだろうかと考えながら、選ばれるためのあなたの「強み」を組み立てて行きましょう。

 

 

 

強みを表現する重要性

 

あなたはテレビの宣伝、電車の広告、本屋で山積みされた本の帯など、そこにあるキャッチフレーズを見入ってしまったことはありませんか? 目が釘付けになると言うことは、あなたの中に興味が湧きだしたと言うことですね。

 

強みの素材が吟味できたら文章化することが必要です。アッこれ私のこと! と思ってもらう。相手の気持ちをグッと引き寄せるような魅力を伝えなければいけません。興味を引き、関心をもってもらうことで、もっと詳しく知りたいと思うようになります。つまり、あなたのことを「手短にまとめ、わかりやすく伝える」ことが必要となります。そのためにはキャッチフレーズとして文章化することが有効な方法です。

 

盛り込む要素は、次の3つです。

☑ 誰に(どんな困りごとを抱えている人)
☑ どんな強みで(吟味し、選び出した素材の組み合わせ)
☑ 相手はどうなる(得られるメリット)

 

あなたの強み(提供価値)で、相手の「得られるメリット」を表現していくことです。あなたの『あなたの強みは、だれの困りごとを、どのように解決してあげられますか』これを文章にしてみましょう。

 

 

 

まとめ

自分の強みを考える時は3つの視点に基づくことで組み立てられるということをお伝えしてきました。「見つける」「選ぶ」「言葉にする」ですね。

 

そのために3つの手順を踏んでいきます。

◆強みの素材を「自己分析」「他己分析」で集める
◆吟味し組み立てるために「3C分析」を使う
◆文章化することで「自分らしさ」が具体的で選ばれる強みに変わる

 

簡単には出来るものではありません。時間をかけて、自分と向き合うことが大切です。愚直にやり続けることが必要になってきます。じっくりと取り組んで見ましょう。「自分らしさ」と言う抽象的な言葉が具体的な表現に変わった時、あなたが選ばれる存在となります。

 

起業するとわかることですが、人とお会いし時に、どんなお仕事をされているのですかと聞かれることが多いものです。そんな時「だれのお役に立てるのか、あなたの提供する価値=強みで相手はどうなるのか」簡潔にお伝えすることで、関心を持っていただけます。ダラダラと話していては相手の方は、何を言いたいの? となってしまいます。文章化し、話してみて、初めてわかるものです。

 

だからこそ、起業前の段階でしっかりと「自分の強み」を引き出し、吟味し、組み立てて下さい。起業準備に迷うことなく行動できる自分になることができます。きっと、自信を持って、「自分が主役の人生」に踏み出して行けることでしょう。

 

 

 

 
 

無料メールマガジン「自分スタイルの幸せをつかむ」起業準備のコツとツボ

 

このメールマガジンでは、「今は何も決まっていないけど将来は起業してみたい」「自分のスキルを活かしてビジネスをしたい」「子育ても一段落、小さくとも仕事を始めたい」「自分らしく好きなことを仕事にしたい」「生涯現役で働いていたい」と思っている。でも、最初の一歩が踏み出せない

 

起業?転職?進む方向が定まらない
モヤモヤとして頭が整理できない
何から手を付けていいのかわからない
自分の強みって何だろうか
起業しても、ちゃんと生活できるのか不安
そもそも自分に何が出来るのだろうか
本当にやりたいことが何かわからない
好きなことで仕事になるのだろうか
今のままでは良くないと思っているけど一歩踏み出せない

 

そんなあなたのために、「自分スタイルの幸せをつかむ起業準備のコツとツボ」をお伝えしています。「何を、どうすれば良いか分からない」、「自分らしくイキイキと仕事がしたい」という人は、まずは気軽に読んでみてくださいね。

 

登録はこちらから  ↓↓

お名前 *
メールアドレス *

※下記のボックスに「カツオ」とお入れ下さい。(安全にご利用いただくためのスパム対策です)

左記チェックボックスに☑を入れて申し込みボタンを押してください。

 

 

 

 《一度、話を聞いてみたい》

あなたが一歩踏み出すための個別起業相談 完全無料

 

《セミナーに参加してみる》
【自分スタイルで生きて行く働き方デザインの法則】起業入門セミナー

 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

👑読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP