“初めて起業” 頭の中に埋もれたアイデアを引き出すコツとツボ

2019.02.11 (月)

まるで、神のお告げのようにアイデアが頭に浮かんできた、なんてことはありませんか。でも、困ったことに、神様はあなたの都合に合わせてくれませんね。起業を考え始めたけれど「自分に何が出来るのだろう」と足踏み状態の時はお告げなどないものです。

 

出勤前の喫茶店でコーヒーを飲みながら、帰宅後お風呂につかりながら、寝床に付いたときなど、突然、神のお告げであるかのようであるかのようにひらめいたりします。

 

今日は、初めて起業を考えたあなたが、悩まずアイデアを引き出すコツについてお話ししたいと思います。

 

 

起業アイデアは掛け算

 

世の中を見渡すと起業アイデアは組み合わせと言うことに気が付きます。つまり掛け算で出来上がっています。この法則に従って出来ている簡単な例を3つ挙げてみます。

 

◆格安ステーキ屋は、立ち食い×ステーキ
◆乃が美のパンは、耳まで柔らかい×食パン
◆メイド喫茶は、萌え感×喫茶店

 

一つひとつの言葉は平凡です。しかしながら、平凡×平凡=非凡になることが、しばしば見られます。発想を引き出すコツは「あったらいいな」と思えるかどうかです。最近は、天ぷらまでもが立ち食いスタイルで人気を博しているようです。

 

起業のアイデアは、当たり前と思っていることを組み合わせることがコツです。あなたの経験を一つひとつとれば、平凡なことかもしれません。でも、組み合わせれば素晴らしいアイデアへと変化します。つまり、あなたの経験は宝物になり得ると言うことです。

 

神のお告げは、いつ何時、降りてくるかもわかりませんね。初めて起業を志した時は、ご自身の経験を棚卸し、そこで得たもの、学んだものを組み合わせて考えて見ましょう。きっと、ワクワクする未来へのヒントが生まれるはずです。

 

 

起業は「ちょっとした知識の差分」で始まる

 

“初めて起業”の会社員や子育てが一段落した主婦の方など、自分の経験は平凡なものだと勘違いしている人が多いものです。そうすると前述の通り、強みも資格もない、そもそも自分には何が出来るのだろう、と不安で一杯、最初の一歩が踏み出せません。それを「思い込みの壁」と言います。それを無くすには、相手目線でものごとを考えることが大切です。

 

あなたにもこんな経験はありませんか。会社の同僚やご友人から、なんでそんなこと知っているの?どうして、そんなことが出来るの?この何気ない一言こそ、あなたの強みです。でも、中々、気づきません。

 

起業は相手とのほんの少しの知識の差分で始まります。“あなたには当たり前でも相手にスゴイ”と見えるのであれば、それがあなたの大きな強みの一つです。その相手は、どんな人なのか、何に困っているのか、ここを明らかにして解決方法を伝えることでビジネスになります。

 

例えば「だれの困りごとを、なにで、解決する」を文章にしてみると

 

◆パソコンが苦手な40代後半営業管理職に3倍仕事が捗るエクセルテンプレートを提供
◆家事と仕事で忙しい30歳ワーママに朝時間が楽になる時短料理を教える
◆単身赴任で息子と接する機会が少ない30代前半おやじの子供キャンプを運営する

 

 

このようなフレーズをつくることで起業アイデアは固まって行きます。その最初の一歩がご自身の経験を棚卸しすることです。経験の中にある強みとなる素材を見つけることが大切ですね。今の世の中、同じようなアイデアは溢れています。あまた多くの中から選ばれなくてはいけません。

 

起業を志した時は、頭の中に埋もれた強みとなる素材を引き出し、組み合わせ、自分スタイルで「選ばれるあなた」になることが必要不可欠です。

 

 

まとめ

起業アイデアとはひらめきではなく、創り出すものです。それを可能にするのが、ご自身の経験を棚卸しすること。可能性と言う素材を集め、組み合わせて何が出来るのかを考えることが必要です。

 

人の発想に境界線はありません。起業アイデアも無限に存在します。あなたの価値観、経験、それらが組み合わさった時にビジネスが生まれます。経験のなかにある一つひとつが宝物、自分らしく自分スタイルで起業するための大きな可能性です。

 

 

 

それでは、「楽しむ」を大切に

 

 <<起業前の不安を解決したい>>

毎月5名様限定【無料個別相談 90分】はこちら

 

<<何から始めれば?どうすれば?と思ったときに役立つ>>
会社員のための”初めて起業”無料レポートはこちら

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: “初めて起業” 頭の中に埋もれたアイデアを引き出すコツとツボ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP