起業準備の成果がすぐ出る人と出ない人の違い

2019.09.10 (火)

コンセプト起業コーチという仕事柄、様々な職業の方、会社員の方とご一緒してきました。最近、改めて思ったことがあります。それは、同じ講座を受けても「成果がすぐに出る人と出ない人がいる」と言うことです。これは仲間のコーチ、コンサルタントも同じことを言っています。

 

 

そんな両者の違いって、想像できますでしょうか?

 

 

不思議ですが、至って、単純なこと。それは、「決めているか、決めていないか」、たった、これだけの違いです。なんですか? どういうこと? って、思った方もいるのではないでしょうか。今日は、起業を志したあなたに知って欲しいシンプル、でも大きな違いについてお話したいと思います。

 

 

 【目次】

 

 

 

 

成果がすぐに出る人・出ない人

 

起業・複業で「成果」というと、何か大きなことをイメージする方が多いものですが、小さくとも成果です。上手く行っても、そうでなくても成果です。上手く行けばさらに良くしよう。そうでなくても改善しよう、と言うことです。ご自分が決めたゴールまでの一つひとつが成果となります。

 

 

漠然と起業・複業を考え始めた人も、経験やスキルを活かして起業したいと考える人も、前に進むスピードが速い人には一つの特徴があります。それは、何をするにしても「決断が早い」と言うことです。つまり、「やる」と決めることが早いのですぐに行動に移すことができる、ということ。ただし、この「やる」と言うのは「本気でやる」ということです。

 

 

なんだよ、それ!? そんなことなの!と思った方もいるかもしれません。でも、コレなんです。仲間のコーチやコンサルタントも口をそろえて同じことを言います。私の勝手な思い込みではありませんよ。

 

 

それが、良いとか、悪いとか、ではありません。客観的な事実と言うことですね。成果の出ない人は、「絶対にやる」って決めてない。起業・複業してみたいと気持ちがありながらも、必ず、心のどこかで「言い訳してしまう」自分がいます。

 

◆気分が乗らないなぁ
◆いつやろうかなぁ
◆失敗しないかなぁ
◆他にやることがあるのでは
◆大丈夫かなぁ

 

とにかく、決めているようでいて、本当は「何も決めていない」。漠然とでも起業・複業を考えたが何から手を付けて良いのかわからない? であれば、「何から始めれば?」を本気で知ろうとすることが必要です。でも、なんとなく、毎日の忙しさ流されズルズルっと過ごしがちです。これでは、詰まるところ、成果は出るはずもありませんね。

 

 

 

成果が出る人のサイクル

 

起業・複業準備しても成果がすぐ出る人は、とにかく、「今、できることから、すぐにやってみる」ことを徹底しています。「学んだことは動いて腑に落す」、「行動することから学んで行く」、この2つのことを地道にコツコツと繰り返しています。たった、この違いだけです。成果がすぐ出る人の特徴は「行動から学んで、また行動する」と言うサイクルを持っています。

 

◆自分らしく自立した働き方がしたい
◆2年後には起業・複業してみたい

 

このような想いは大切ですし、ご自分のペースも大事です。でも、どんな小さなことでも「学び」「気づき」を得たら、すぐに行動に移してみることです。ゴールに向かって、小さくとも行動した結果の積み重ねが、大きな成果につながるものです。

 

 

私のクライアントさんで、すぐに成果につながった人も、そんな原理原則に従っただけなんです。とは言うものの、「そうできないから悩んでいるんだよ」と言われるかもしれません。

 

 

でも、心配しないでください。初めて起業を志した時は、そのような人は少なくありません。実は起業相談やセミナーにお越しになる人の70%は「踏み出す不安」で、「決める」ことが出来ない人です。

 

 

私自身、会社員時代は営業畑で育ちました。そう言うと、元々、気持ちが強いからとか、営業育ちだから行動できるからと言われます。しかしながら、あなたと同じ。起業したいと思ったときは不安だらけ、何か一つ踏み出すにも迷いが生じていました。自分事になると、てんでわかりませんでした。

 

 

そんな中で気づいたことは、小さなことでもやってみると成果が出る。そうすると気持ちが上を向きます。「なるほど」とか、「これはダメ」とか、何回か繰り返すうちに行動習慣になります。気が付くと本気モードです。

 

 

もし、「自分らしく起業・複業してみたい」、でも不安と感じているのであれば「動いてみる」ことです。いきなり大きなことではなく、ゴールに向かっていくために「目の前にある小さなこと」をやってみることです。

 

 

例えば、転職?起業?と悩んでいるのであれば相談すれば良いし、セミナーに出ることも「やってみる」です。行動するから前に進みます。前に進めば課題が出てきます。そしたら、学んで行動に移していくことが大切です。

 

 

 

 <<どのように進んで良いのかわからない>>

あなたが一歩踏み出すための個別起業相談 完全無料

 

 

 

 

「決める」の背中を押すたった一つのこと

 

起業を考え始めると、様々な課題事項が浮かんでくるものです。何を、どうすればと「決める」ことに悩むことも出てきます。でも、大丈夫。迷ったとき、悩んだとき、あなたの背中を押してくれるものがあります。それは「理由を見つける」こと。「どうして起業してみたいのか」「なぜ、そうしたいのか」の答えを出すことです。

 

 

例えば、仕事にやりがいを感じない。このままでは良くないなぁと将来の不安が出てきた。起業・複業はしてみたいけど安定した生活が手に入るのか?じゃあ、転職しても希望通りにいくのか?どちらにしても不安が先に立つものです。

 

 

「なぜ起業? どうして転職? 」と、とことん自分と向き合い、理由を見つけることが「決める」につながります。起業したい本当の理由はなんですか、起業して自分はどうなりたいのか、と自分に問いかけ答えを探してください。

 

 

人が行動を起こすには理由が必要です。つまり、本気で決めるには「理由」があることが前提となります。それも、「強い理由」です。これが強ければ強いほど、自分を動かします。だから「本気で決める」ことができるのです。

 

 

 

まとめ

決められないまま行動に移せない人は自分の中にある強い理由が理解できていません。どうして、そうしたいのか?その答えを見つけることを大切にしていきましょう。「成果を出す」には「なぜ、そうしたいのか」「自分だけの理由」を見つけることが必要です。その理由があなたの背中を押し、モチベーションを高めます。

 

 

それが行動の原点です。

 

 

「学んだら行動する。そこから学んで、また行動する」このサイクルを地道にやり続けましょう。もし、手が止まりそうになった時は「どうして、そうなりたい?」「なぜ?」と自分とガッツリ向き合って見て下さいね。これが自分スタイルで生きて行く起業準備の第一歩を「決める」ことなります。

 

 

 

 

それでは、「楽しむ」を大切に

 

 

 

 

 

無料メールマガジン「自分スタイルの幸せをつかむ」起業準備のコツとツボ

 

このメールマガジンでは、「将来は起業したい」「自分のスキルを活かしてビジネスをしたい」「子育ても一段落、小さくとも仕事を始めたい」「自分らしく好きなことを仕事にしたい」「生涯現役で働いていたい」と思いながらも、
 
・何から始めて良いのかわからない?
・生活して行けるの?
・強みもアイデアもない?
 
とモヤモヤした方へ、一歩踏み出すための「自分スタイルの幸せをつかむ起業のコツとツボ」をお伝えしています。

 

具体的には

・起業前に知っておきたい5つの心得
・起業に失敗しない正しい手順とは
・前に進めない症候群を無くす行動習慣とは
・あなたの強みを引き出し仕事に変える方法
・セールス経験がなくても自然と売れる法則
・起業準備が劇的に加速する2つの質問
・起業準備を遅らせる本当の理由
・自分スタイルで起業する7ステップ

などなど。

 

「何を、どうしたらいいか分からない」、「自分らしくイキイキと仕事がしたい」という人は、まずは気軽に読んでみてくださいね。

 

登録はこちらから  ↓↓

お名前 *
メールアドレス *

※下記のボックスに「カツオ」とお入れ下さい。(安全にご利用いただくためのスパム対策です)

左記チェックボックスに☑を入れて申し込みボタンを押してください。

 

 

 

 <<どのように進んで良いのかわからない>>

あなたが一歩踏み出すための個別起業相談 完全無料

 

<<自分の価値観に沿った働き方をしたい>>
【自分スタイルで生きて行く働き方デザインの法則】起業入門セミナー

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業準備の成果がすぐ出る人と出ない人の違い

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

👑読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP