「あなたの強み」を検証!起業に欠かせない2つの目線

2018.05.13 (日)
起業の強み

こんにちは、起想塾の相曽(アイソ)です。

 

 

起業準備を始めた。得意なことも、強みも自分なりにわかっているつもりだ。でも、実際のところ、「これで良いのだろうか?」と不安が堂々巡り!足が止まってしまう方は、少なくありません。原因は至極、単純なことです。それは「お客様はだれ?」の視点が抜けているからです。意外過ぎましたか。

 

 

起業するには「自分の強み」を見つけること、そんな想いが先に立ちますね。自分の強みや得意なことは多くの人に伝えたいと考えがちです。でも、学生、社会人、主婦、定年退職した方など、それぞれ受けとめかたが違います。求めているものも違います。

 

 

誰がお客様になるのか?これがキーワードです。ここがボンヤリしているから、起業準備中に「本当に強みなのか?」「このまま進んでいいのか?」と足が止まってしまいます。強みとは「誰に」「どんな価値」をと2つをセットで考えることが必要と言うことです。

 

 

 

起業は2つの目線が必要

お客様を決める

起業には「得意なこと」や「強み」が必要ですと耳タコになる程、聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

確かに得意なこと、強みは起業するには欠かせません。磨き上げた仕事の経験はビジネスにもつながります。強みの一つです。それが「好きなこと」であれば人間関係にも悩むことなく、ストレスの無い生活を送ることができると思います。

 

 

でも、それって前述の通り「自分なりに」が前についています。ビジネスにするためには自分なりにではいけません。起業して失敗しない強みの検証は「自分の目線」と「お客様の目線」の2つの目線を意識して下さい。起業するとはビジネスです。お金を頂戴します。

 

 

自分の強みは、お客様から見て必要なものなのか?お金を払っても欲しいものなのか?そのお客様とは誰なのか?ここを意識した上で、もう一度、自分の強みを考えてみましょう。

 

 

 

起業相談に来られた方の事例で考える

 

お客様に選ばれる

 

「マラソン歴10年以上」走ることが好きで仲間もいる、コミュニティもある。だから健康分野でトレーナーとして1年後に起業したい方です。IT企業でSEとしての経験が10年以上あるから、その分野にも明るくフェイスブックもやっていて、マラソンと健康のブログも書いていたりします。

 

 

 

強みもあり得意なことで起業準備が進んでいるように思います。しかしながら、同じ想いの方は全国に何千人もいます。その中で「選ばれる」ことが無ければビジネスとして成立しません。

 

 

そこで、こんな質問をしました。今考えられている「マラソン×健康×トレーナー」の仕事を誰に伝えたいのですか?返ってきた答えは、競技としてのマラソン志向があり、そのための身体のつくりかた、健康でいたい方ということでした。

 

 

一見、良さそうですね。でも、2016年のジョギング・マラソンの参加人口は2020万人だそうです。相談者の想いは、果たして伝わるでしょうか?加えてメディカルコンデニショニング資格保有者だけでも9901人もいます。選ばれるでしょうか?選ばれるためには、「アッ、それ、私のこと!」と思ってもらうことが必要です。それには「誰に伝えたいのか」を絞り込む必要があると言うことになります。

 

 

絞り込むと言うと、なんか見込み客が減ると思いがちです。でも、答えはその逆。マラソン好きで健康を維持したい人には「どんな人」がいるのでしょうか。簡単に考えただけでも「年齢」「性別」「学生or社会人」で分けられます。30代と50代では健康維持に対する考え方が違います。体力も違えば食事も違います。

 

 

30代にも50代にも伝えたいと思うと内容は平均的なものになってしまいます。どちらの年代にも響きません。50代には、その世代に合わせた走るための食事バランス、体力に合わせた走る習慣だから「アッ、これは私のことを言っている」と思ってくれます。ここに女性と加えたらどうなりますか。さらに、あなたの声が届くのではないでしょうか。

 

 

つまり「誰にでも伝えたいは、誰にも伝わらない」と言うことです。得意なこと・好きなことを誰に伝えたいのかを掘り下げることで「あなたの声」が選ばれるということになります。

 

 

 

まとめ

得意なこと・好きなことで起業したいと考える会社員の方は少なくありません。そんな時、まず頭に浮かぶのは仕事の経験を活かせばなんとかなる。好きなことであれば他人に左右されることもなく、ストレスもないと考えるものです。

 

 

「自分の目線で考えた強み」だけでは自信と不安が入り混じった状態です。本当にこのまま進んで大丈夫だろうかと心配になります。そんな時は「得意なこと」「好きなこと」を「誰に伝えたいのか」を絞り込んでください。お客様をきめることで強みがハッキリと見えてきます。そして強みが「自分の価値」に昇華します。

 

 

自分の価値は、誰に届けるためにあるのか。

ここを明確にしていくことが起業には最も大切な最初の一歩です。

 

 

それでは

 

 

「楽しむ」を大切に

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
起業前の不安にモヤモヤしている会社員方へ

●毎月5名様限定で「無料起業相談」を開いています。
無料起業相談はこちらをクリック

●自分らしくやりたいことで起業したい!
起業のマナビ場「起想塾」はこちらをクリック
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「あなたの強み」を検証!起業に欠かせない2つの目線

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

👑読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP