起業ネタが選ばれる商品サービスに変わるには物語が必要な訳

2017.10.18 (水)

こんにちは、起想塾の相曽(アイソ)です。

 

 

起業ネタやアイデアを選ばれる商品に変えるためには物語が欠かせません。「エッ、物語ってどういことですか」と思ったのではないでしょうか。あなたはいかがですか。では、なぜ物語が必要でしょうか?

 

お答えはたった一つのこと、物語には人の「感情」を動かす力があるからです。人は映画を見た時、泣き、笑い、感動するものです。主人公の生き方に共感します。人生に物語があるように選ばれる商品には物語があります。今日は、起業ネタやアイデアを選ばれる商品サービスに変えるには、物語が欠かせない訳について考えてみたいと思います。

 

 

人が商品サービスを購入する時は感情が動く

スーパーの野菜売り場には決まって2つの商品がある。お買い得商品と産直新鮮野菜です。あなたも目にしたことがありますね。前者のPOPには太文字で価格が書かれています。後者には生産者の顔、畑の風景写真があり、一言、生産者の声が添えられています。

 

 

そんな一言、写真を目にすると少々高くても買ってしまった経験はありませんか。それは、産地の風景、収穫までの苦労、出荷するまでの情景を連想したからです。生産者の想いが伝わる物語を感じ、この方が育てた野菜を食べてみたいと感情が動いたということです。

 

 

起業も同じことです。あなたの商品・サービスが選ばれるためには物語がイメージされることが大切なポイントです。農家は起業家、そう考えれば選ばれる戦略の1つです。人がものを買う時には感情が動くと言うことです。

 

 

 

起業ネタやアイデアを商品サービスに変えた時にハマる落とし穴

自分だけの起業ネタやアイデアというものは、ほぼ存在しません。誰かが同じようなことをやっているものです。スマホで検索すれば商品の特徴、優位点をたくさん書いている商品ページが出てきます。こんなに素晴らしい、だから購入する価値があります。と呼びかけています。

 

 

実は、これが落とし穴です。商品に集中するあまりお客様の気持ちを考えずに説明ししてしまいす。特徴や優位点ではなく、「あなた自身が買いたい」と思ったかどうか、これがポイントです。「いいな」と思っても「買いたい気持ち」までには、中々、なりません。商品の特徴や優位点だけでは心が動かないものです。リサーチすることで自分の商品もお客様の気持ちに立って見ることができるものです。

 

 

あなた自身が買ってみたいと感情が動いたページには何が書かれているか、これをリサーチしてみて下さい。そして買いたいと思った理由を書き出してみましょう。選ばれる商品は質が良いことは当然です。ポイントは商品をつくった経緯、手にしたときのお客様の姿が説明されている事が必要です。

 

 

興味を持ち、その方への共感、商品購入後の姿が連想されるための物語です。あなたの感情を動かすのは物語だということです。起業ネタやアイデアを商品に変える時は「自分の物語」「お客様が商品を手にした未来物語」を添えるようにしましょう。

 

 

起業ネタやアイデアを劇的に売れる商品変えるコツ

あなたの商品が選ばれるか、それとも、選ばれないかは、お客様にベネフィットが伝わっているか、どうかに大きく左右されます。多くの人がメリットだけを相手に伝えようとします。残念ながら、それだけでは、相手の心に届きません。行動(購入)するまでには至らないということです。

 

▼補足▼

  • 「メリット」:商品の特徴・強み・ウリ
  • 「ベネフィット」:手に入れた時に得られるプラス変化

 

 

起業ネタが選ばれる商品に変わる「3つの物語」

◆なぜ、その仕事がしたいのか?
◆そこに至るご苦労はなに?
◆商品サービスへの想い(将来ビジョン)

 

ベネフィットが相手の心に届き、行動を起こしてもらうためには「なぜ、その仕事をしているのですか?」と自問してください。そして「そこに至るご苦労」を添えて下さい。起業の経緯を物語として伝えてみましょう。「あなたの人となり」が見えることで「この人なら安心できる」と行動していただけます。

 

 

「商品サービスへの想い(将来ビジョン)」を物語にすることも大切です。お客様にどうなって欲しい、だから商品サービスを提供したい、役に立つことで社会へ貢献したいという未来物語です。これはを描くことで、お客様と共に歩んでいくことを感じていただけます。この「共に歩む」は信頼です。

 

 

ベネフィットに安心保障を提案することで、お客様の安心を信頼に変えます。「この人なら大丈夫」と思っていただけるのではないでしょうか。「仕事にした理由、苦労、将来ビジョン」で物語を描いてみましょう。信頼を得て選ばれる商品サービスをつくりだすことができます。

 

 

それでは

 

 

「楽しむ」を大切に

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
起業準備の不安をかかえる静岡、浜松、三島の会社員の方へ
◆自分の強みで起業してみたいが確信が持てない
◆じっくりと起業に向けて取り組んでみたい
◆商品・サービスをどうしたら良いのかわからない
と考える方はこちらから
↓↓↓
ゼロから始めてリスクを最小限に起業する「起想塾」
「起業準備セミナー」静岡開催 4/21日、4/30日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 起業ネタが選ばれる商品サービスに変わるには物語が必要な訳

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3624-4455

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

読まれているコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP