サイト名

女性ひとり起業に失敗しない”たった一つの注意点”とは

ひとり起業をスタートさせる女性は急速に増えていますね。SNSは女性起業家で溢れんばかりです。

ところが「本命となる商品が無いという人が多い事実」をご存じですか?

「えっ、そんなことあるの」「じゃ、何を売るの」と思うかもしれません。でもね、意外にたくさんいらっしゃいます。

今日は、女性ひとり起業に必要な「地に足を付けたビジネス」と言うお話しです。

女性ひとり起業に見られる現状

ひとり起業する女性のパワーには目を見張るものがあります。「思ったら行動に移す力」は男性をはるかに凌ぐものです。

ところが、積極的に勉強会やお茶会はやるのだけれど、その先の本命商品はボンヤリ。びっくりすることが起きているのが現実です。

何故、こうなってしまうのでしょうか?

確かにスピードは大事です。しかしながら、思い違いをしているのではないでしょうか。

例えば、女性ひとり起業でフェイスブックを利用している人は多いものです。

==============
・〇〇コーチ
・〇〇コンサルタント
・〇〇セラピスト
・〇〇ヒーラー
・〇〇トレーナー
==============

既婚、未婚を問わずして、女性起業家がたくさんいらっしゃいます。

ブログやメルマガは大変だけど、フェイスブックは親しみやすいし、つながっている友達も多い。そこで、フェイスブックを使った集客ノウハウを学び始めるわけです。

まずは出来るところから始めてみよう。とても良いことだと思います。集客はビジネスの生命線なので、とっても重要です。

でもね、注力することは、別なところにあります。そこが抜け落ちているために「本命となる売るべき商品が無い」と言うことになってしまうのです。

ひとり起業する女性の大きな勘違い

女性ひとり起業で見られる勘違いの多くは、集客ノウハウを学べば「売れる自分になる」「好きを仕事に夢が叶う」「自分らしさが発揮できる」と言う思い込みです。

夢を叶えるために起業する女性パワーは強いものですね。とは言え、それが、一点突破の方向へと向いてしまうのではないでしょうか。

大切なことは「優先順位」です。大事なところを飛ばして集客を学んでもノウハウを活かすことは難しいものです。

ちなみに、料理の基本は塩ですよね。もし、塩が無ければどうなるでしょうか?

美味しそうな料理はできるかもしれません。が、味も素気も無いものになってしまいますね。それがビジネスでは、勉強会、お茶会はやるのだけれど、収入を支える本命商品はボンヤリのままとなってしまうのです。

すると、そこで足踏みが始まります。そこで初めて、「何かが違う」ことに気が付くものです。

女性のひとり起業で知っておいて欲しい優先順位

女性のひとり起業で知っておいて欲しいことは「あり方」あっての「やり方」と言うことです。どうしても「やり方」に目が向きがちですが、この手順が王道となります。

あり方とは「あなたは何者ですか」を言葉で伝える力、コンセプトですね。やり方とは集客を含めたビジネスノウハウとなります。

このコンセプトを整えないまま、ひとり起業する女性は多いものです。

あなたは何者と伝わるからこそ興味関心を持たれます。興味関心が湧くから、もっと知りたいと思って行動に移します。その結果、あなたの商品が欲しいとなります。

どんなに素晴らしくとも、伝えることが出来なければ売れないと言うことですね。ここがバスッと定まれば、集客ノウハウは力を発揮するものとなります。

女性ひとり起業であればこそ、優先順位を間違えないようにしましょうね。

女性ひとり起業に必要な伝える力のつくり方

ひとり起業した多くの女性に欠けているもの正体はコンセプトです。これが定まると商品は組み立てられ、集客にも自信を持って行動できるようになります。

コンセプトとは「だれ」が「どうなる」を伝える言葉、ブレない働き方の軸となるものです。どんな人の、どのような未来を実現するのですか?と言うことになります。

大事なことは「悩み」と「理想」です。

例えば、有名な言葉があるのですが、「ドリルを売るなら穴を売れ」です。知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、この言葉は何を伝えているのでしょうか?

それは「相手はドリルが欲しいのではなく、穴が欲しい」と言うことです。これが理想の姿となります。つまりね、欲しい穴があけられるなら、ドリルはどれでもいいわけです。ドリルの性能を宣伝しても、似たり寄ったりで選ばれない、と言うことですね。

穴について伝える!! これがお客様にとっての価値。未来の実現なんです。

もう、おわかりかと思いますが、伝える言葉とは商品の原型になるのですね。相手が望んだ穴が提供できれば対価を払います。コンセプトは商品に変わると言うことです。

「あなたは、だれを、どうする人なのか」ここが定まれば、興味を持たれる商品が組み立てられます。そして、集客ノウハウは大きな武器になります。大切にしましょうね。

フェイスブックのあるある投稿

良く見かけるフェイスブックの投稿に「宇宙の力で才能を引き出す遠隔ヒーリング」とか、「“いつも笑顔でいられる”新米ママの育児相談」みたいなのを見かけます。

でもね、「で、何してくれる人なの?」って思ってしまいませんか。余ほど、影響力のあるヒーラーやママさんなら大丈夫でも、そうでなければ、あまた多くの中に埋もれてしまいます。

出版社が新刊本でお金をかけるところ

本を売り出すために出版社が一番お金をかけるところは中身ではありませんよ。それはタイトルです。中身は多少、粗削りでもタイトルが良ければ売れるからですね。

あなたが本を購入する時を想像してみてください。きっと、タイトルを見て興味が湧いたから本を手にすると思います。これが伝える力となります。

コンセプトを最速でつくる方法

コンセプトをつくる最短ルートは人に評価してもらうことです。理由はシンプルで、あなたが「こんな悩みを解決できます、だからお役に立てます」と叫んでも評価するのは相手だからです。

フィードバックがなければ「単なる自己満足」で終わってしまうかもしれません。自分のことは自分でわからない、と言われる通りなんですね。

私自身、コンセプトづくりのセッションでは「フィードバック」を繰り返します。手法や型のノウハウはお伝えしますが、覚えただけでは役に立ちません。何度も何度も「数稽古」するから磨かれるものです。

「だれの未来を実現する、何をする人」ここを定めて行きましょうね。

まとめ

女性ひとり起業のスタートはコンセプトを定めることです。ところが、集客ノウハウを学ぶことで上手く行くと思い違いをしている人が多いものです。

確かに重要なことですが、優先順位を間違えないようにしましょうね。

ビジネスはあり方あってのやり方です。「だれの未来を実現する、何をする人」、ここが定まれば商品は組み立てられ、集客ノウハウは圧倒的に活きてきます。

小さく始めて夢をかなえる女性ひとり起業、”Re:らいふ”できる働き方を実現しましょうね。

それでは、「楽しむ」を大切に

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。