サイト名

「初めての起業」これからの働き方を創る思考

「今の仕事を続けていて良いのかなぁ」こんな気持ちになったことはありませんか? コロナ渦で働き方も激変、起業・副業を考え始める人は増え続けていますね。とは言え、「何から手を付ければ良いのか」となる場合が多いものです。

そんな時は大きな目線で考える。「守・破・離の原則」に従ってみたらいかがでしょうか。芸道における師弟関係のあり方の一つで、修行における過程を示した言葉です。

「教えられた型を守る」「その型を破ってみる」「自分の型を生み出す」と言った意味合いになります。その道が進化していくプロセスを3つの漢字で表しています。

働き方をデザインする場合も同じプロセスを踏んでいきます。今日は守・破・離の原則を念頭に起業準備のポイントについてお伝えしたいと思います。

「初めての起業」失敗しない手順

初めての起業、最初の一歩は「守」となります。それは「あなたは何者ですか?」を言葉にすることです。ブレない働き方の軸を伝えられるようにするということになります。コンセプトメイキングと呼ばれている最初のステージです。

次に、それが出来るようになったら「コンセプト」をカタチに変えていきます。働き方の軸となる言葉を「商品サービスに落とし込む」ことです。そして、「販売・集客」するために仕組づくりをしていきます。ビジネスメイキングと呼ばれるステージです。

実は、起業に向けて地道に学ぶことが「守」なんですよ。何事も一足飛びには行きません。

ところが、我慢できずに “毎日、たった1時間で月50万の超・副業法” なんてものに目がくらむ人が多々いるのですね。否定するつもりはありませんが、それが本当なら、世の中にサラリーマンはいなくなります(笑)

そして、起業後は「やり続ける」ことで「仕事が認知」され「回り出す」と言う流れが「破と離」になります。

「急がば回れ」の言葉通り、「自分の価値観に沿った働き方で稼ぐ力を身につける」、これが王道です。起業を考え始めたら「守・破・離の流れ」を思い出しましょうね。

起業は初年度のモチベーションが大事

起業して軌道に乗っているとは、どのような状態だと思いますか? 売れているとか、 儲かっているとか、 お答えはいろいろとあるかと思います。が、私は「お仕事を続けていられること」だと思っています。一言では継続ですね。

「えっ、そんなの当たり前じゃないの」と思うかもしれません。

ところが、それが出来なくて失速してしまう人が多いのが現実です。起業の生存率は1年で60%、100人中40人がいなくなることになります。

起業初年度は、だれもあなたのことを知りません。「あなたは何者なのか?」を知ってもらうことがスタートです。

きっと、最初は頑張ってブログも書くでしょう。Facebookへの投稿、YouTube動画もやるかもしれません。でもね、たぶん、半年くらいは無反応状態が続くように思います。場合によっては1年かも(汗)

あなたは耐えられますか?

多くの人は、次第にモチベーションが下がり「やっぱり、私には無理なのかなぁ」と、諦めてしまいます。そうならないためには、起業準備中につくったコンセプトを腑に落としておくことです。

その理由は迷ったときの拠り所だからです。コンセプトとは働き方の土台、ずっと続けていける「ブレない働き方の軸」ということですね。

起業を成功軌道に乗せる人の特徴

起業は、無反応を制する者が上手く行きます。そして、そのような人に共通することが「熱量が高い」ことです。

・話し始めたら2時間でも続くこと
・誰に言われるのでもなくやってしまうこと
・あなたがやってみたいと強く願うこと

働き方の軸に「好き」が掛け合わせられています。

実はコンセプトづくりには公式があるのですが、そこに「好きで情熱が湧く要素」をはめ込むことで無反応を制することができるのですね。

例えば「マラソン大好き」みたいな感じです。私のクライアントにもランニングで起業した元SEの男性がいます。起業仲間にも”大人かけっこ教室”を主催している男性がいます。共通点は、熱量が高いことです。ご自分の「好き」を発信し続けています。

熱量が上がるって言うのは、

・これが好きだと思う気持ち
・だれかの役に立ちたいと思う気持ち
・これは得意と思う気持ち

「好き」が加わると、自然に声高となって、「熱量」が上がり「伝える力」が強くなるものです。別に誰かに強制されるわけでもなく、やり続けて行きます。

そして人は熱量の高い方に集まります。すると、頑張れる気持ちが増幅されます。そこには好循環が生まれるのですね。

外出自粛でネットを見る「人も・時間も」激増しています。そんな今だからこそ、さらに「あなたのこと」を、「あなたのお仕事」を伝え続ける力が大切になります。

きっと、そのような人が活躍する「個の時代」に変化していくのではないでしょうか。

まとめ

起業を考え始めたら、大きな流れの中で動き出す気持ちを持ちましょう。それが「守・破・離」の考え方です。働き方を創るプロセスも同じです。

勘違いしないことは最初の一歩の踏み出し方となります。知識ノウハウを学ぶのではなく、コンセプトづくりです。むしろ、起業はそれが8割となります。大切なことは、「好きで情熱が湧く要素」加えることです。

好きを仕事に稼ぐ力を身につけることで「ずっと続けている働き方」となります。それは、あなたが探している「これからの働き方」につながっていくものです。あなたの「好き」を大事にして行きましょう。

それでは「楽しむ」を大切に


 

【働き方を見直し始めたあなたへ】

0

こちらの記事がお役に立ちましたら、シェアをお願いいたします。